• 印刷する

4月訪日韓国人客11%減、他国の渡航増え

日本政府観光局(JNTO)が21日発表した訪日外国人旅行客の統計によると、2019年4月に日本を訪れた韓国人客数は前年比11.3%減の56万6,600人(推計値)だった。中韓関係の改善による中国への渡航増加やベトナムへの旅行需要の拡大が響いた。日本のゴールデンウイークの影響で宿泊料金などが高騰したことも影響したもよう。

1~4月累計は264万7,400人と前年同期比で4.4%減少。国別では、中国人客(289万5,400人)に次ぐ2位となった。

4月の訪日外国人旅行客の総数は前年同月比0.9%増の292万6,700人で、同月としての過去最高を更新。1~4月累計は前年同期比4.4%増の1,098万500人だった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国勢がEV電池の生産増強 LGが吉利と合弁、需要に対応へ(06/14)

韓銀の李総裁、年内利下げを示唆(06/14)

韓国―ノルウェー、北極研究の協力でMOU(06/14)

大企業の監査法人が来年一斉交代か、法改正(06/14)

現代・起亜、米自動運転オーロラに戦略投資(06/14)

韓国雑貨店「JAJU」、HCM市に初出店(06/14)

ルノーサムスンで賃金交渉妥結、労組スト撤回(06/14)

5月自動車産業、新車効果で生産・輸出増加(06/14)

SKC、EV電池用銅箔メーカーを買収(06/14)

LG電子、印発電所に冷房システムを供給(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン