• 印刷する

4月訪日韓国人客11%減、他国の渡航増え

日本政府観光局(JNTO)が21日発表した訪日外国人旅行客の統計によると、2019年4月に日本を訪れた韓国人客数は前年比11.3%減の56万6,600人(推計値)だった。中韓関係の改善による中国への渡航増加やベトナムへの旅行需要の拡大が響いた。日本のゴールデンウイークの影響で宿泊料金などが高騰したことも影響したもよう。

1~4月累計は264万7,400人と前年同期比で4.4%減少。国別では、中国人客(289万5,400人)に次ぐ2位となった。

4月の訪日外国人旅行客の総数は前年同月比0.9%増の292万6,700人で、同月としての過去最高を更新。1~4月累計は前年同期比4.4%増の1,098万500人だった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

シャープ有機ELテレビ、LGのパネル採用(01/27)

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン