猶予期間中はソフト更新、米グーグルが声明

【ニューヨーク共同】米グーグルは21日、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を一部猶予したことを受け「猶予によって、既存のファーウェイ製品向けにソフトウエアとセキュリティーの更新を続けることができる」との声明を出した。 ロイター通信によ…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(14:22)

プラップジャパン、日系広告代理店を買収(14:30)

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

テイクオフ:米ファストフード大手マ…(11/21)

トヨタが決済アプリ提供、顧客データ収集・活用(11/21)

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

【循環型経済】輸入規制、阻む資源再利用 中央大・佐々木教授に聞く(上)(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

日野といすゞリコール、大型バス(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン