中華郵政、物流センター入札めぐり董事長も辞任

公営企業の中華郵政が建設を進める郵政スマート物流園区内のスマート物流センターの賃貸引き受けをめぐり、特定の事業者を優遇していたのではないかとの疑いが浮上している。台湾交通部(交通省)が14日に陳憲着総経理の交代を発表したのに続き、15日には行政院(内閣)が監督…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

台湾の輸出「トンネル抜けた」、財政部幹部(11:38)

テイクオフ:「まあ、気にすんな」。…(12/10)

11月輸出がプラス回復 米中向け好調、電子も伸び(12/10)

通信5社、20年は5G設備に計300億元投入(12/10)

台湾系主導のタンタビン工業団地、開発進む(12/10)

バスの電動化、経済効果1700億元目指す(12/10)

来年の可塑剤市場、南亜と聯成で見方割れる(12/10)

木材資源を二次元コードで管理、農業委(12/10)

佳世達の透析事業売上高、3年後に50億元(12/10)

健保医療費、20年は5%増の7526億元へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン