• 印刷する

東ジャワの工業団地に石化大手が投資を計画

インドネシアのアイルランガ産業相は14日、東ジャワ州のグレシクの港湾一体型工業団地ジャワ・インテグレーテッド・インダストリアル・アンド・ポート・エステート(JIIPE)に、石油化学産業の大手企業1社が投資を計画していることを明らかにした。2022年の工場稼働を目指している。

アイルランガ産業相は「現在、用地取得を進めている。工場建設の期間は、長くても2~3年程度の見通し」と述べた。企業名や投資額などの詳細は明らかにしなかった。

アイルランガ産業相は「石化産業は、プラスチックや繊維、塗料、医薬品など各種製造業の原料を生産する上流産業としての役割がある。今後も石化分野への投資拡大を促進していく」と話した。

産業省のデータによると、昨年の化学・医薬品分野の投資総額は39兆3,100億ルピア(約2,978億500万円)だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(19:15)

EC営業許可の取得義務化、事業者に混乱(17:33)

テイクオフ:マレー語とインドネシア…(12/11)

テイクオフ:留学時代に何から何まで…(12/11)

自動車のテレビ広告が4割減 各社が広告支出削減、景気低迷で(12/11)

日立キャピタル、現地法人の設立完了(12/11)

ユニ・チャーム現法、今週投資家を募集(12/11)

共同印刷の新工場完成、来年は3割増収目標(12/11)

2020年は7ブランド以上が新型車種投入か(12/11)

国営石油プルタミナ、石化大手の筆頭株主に(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン