• 印刷する

20日から中央選管周辺で約3万人の警備体制

インドネシア国家警察のデディ広報官は13日、先月17日に実施された大統領選、総選挙の正式な開票結果が発表される2日前の20日から中央選挙管理委員会(KPU)の建物付近に約3万2,000人の警察および軍を配置し、厳重な警備体制を敷くと発表した。テンポ(電子版)が14日伝えた。

広報官は「治安当局は公式結果が発表される22日に照準を合わせたテロ攻撃が計画されているとの情報を入手しており、予防措置だ」と述べた。一般市民がKPUの建物周辺に集まったときに、テロリストが自爆などのテロ行為を行う可能性があるという。

KPUや総選挙管理委員会(Bawaslu)など関連施設に治安部隊を配置する。

国家警察刑事捜査局のサイバー犯罪部は通信・情報省サイバー局や国家サイバー暗号庁(BSSN)と協力してソーシャルメディアの内容を監視している。

KPUによると、14日午後6時15分時点で、大統領選挙の集計率は81.82%。ジョコ・ウィドド大統領の得票数は7,048万票(56.25%)で、対抗馬の野党第1党グリンドラ党のプラボウォ・スビアント党首は5,483万票(43.75%)。ジョコ大統領が得票率で12.5ポイント、得票数で1,565万票リードしている。

KPU周辺に厳重な警備体制を敷くと発表した国家警察デディ広報官=13日、インドネシア(アンタラ通信)

KPU周辺に厳重な警備体制を敷くと発表した国家警察デディ広報官=13日、インドネシア(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都警察、二輪車用の監視カメラを来年導入(14:03)

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ガルーダ航空、社長代行にフアド取締役(12/09)

パティンバン港周辺開発の調査、日本に依頼(12/09)

首都の第2外環状道路、一部区間が完成(12/09)

石化大手、ポリエチレン工場を開所(12/09)

旭化成、結晶セルロースのハラル認証を取得(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン