• 印刷する

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…

3年間のシンガポール勤務を終え、再び日本での生活が始まった。安くておいしい食べ物屋がたくさんあるのはうれしいが、不便に感じることもある。

それは、買い物の際の支払い。あちらでは大抵、銀行のキャッシュカードを店頭の端末にかざすだけで決済できたため、現金はほとんど不要だった。日本はキャッシュレス化がいまいち進んでおらず、現金は必要不可欠。シンガポールでは支払いのほとんどが銀行口座から直接行われ、インターネットバンキングで1カ月の支出を簡単に管理できたが、そういうわけにもいかない。

日本でいまだに「現金崇拝」の風潮が強いのは、キャッシュレス生活の便利さを実際に体験していないからなのか。紙幣や硬貨をやりとりする必要がなくなるキャッシュレス化の推進で、社会的コストの低減も見込まれる。日本もシンガポールを見習ってもいいのでは。(葛)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

開発と人材で介護市場に貢献 富士データシステム、越に展開(12/13)

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

【アジア三面記事】黒ずくめの物乞い出没(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン