• 印刷する

スズキ「アルト」、車種別販売で首位を維持

インドの2018/19年度(18年4月~19年3月)の乗用車市場で、マルチ・スズキのハッチバック「アルト」の販売台数が25万9,401台となり、前年度に続きモデル別の首位を維持した。上位10モデルのうちマルチ・スズキが7モデルを占めた。インド自動車工業会(SIAM)のデータを引用してPTI通信が22日に伝えた。

2位から5位まではマルチ・スズキが独占。セダン「ディザイア」(販売台数25万3,859台)、ハッチバック「スイフト」(22万3,924台)、ハッチバック「バレーノ」(21万2,330台)の順で、5位のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ・ブレッツァ」(15万7,880台)は前年度から2つ順位を上げた。

6~8位はいずれも韓国の現代自動車のモデルで、ハッチバック「エリートi20」(14万225台)、同「グランドi10」(12万6,041台)、SUV「クレタ」(12万4,300台)の順だった。

9位と10位は、マルチ・スズキのハッチバック「ワゴンR」(11万9,649台)と同「セレリオ」(10万3,734台)だった。ワゴンRは19年1月の新モデル投入を前に旧モデルの販売が落ち込み、前年の5位から順位を下げた。

マルチ・スズキの「アルト」。23日には安全装備やデザインに変更を加えた新型を発表した(同社提供)

マルチ・スズキの「アルト」。23日には安全装備やデザインに変更を加えた新型を発表した(同社提供)


関連国・地域: 韓国インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人といえば、頭に…(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

自動車販売店、11月の小売り総数は2.5%増(12/12)

タタ自、11月の世界販売は15%減の9万台(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

現代自、来年1月からの値上げを発表(12/12)

日通が地場同業と業務提携、サービス強化(12/12)

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業(12/12)

中国スカイワース、工場設置に1億ドル投入(12/12)

リニュー、太陽光開発で韓国建設大手と合弁(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン