星開発企、シドニー北部にオフィスハブ計画

シンガポール系不動産開発大手フレイザーズ・プロパティー・オーストラリアと、シドニー拠点の不動産開発企業ウィンテン・プロパティー・グループが、シドニー北部のマッコーリーパークで大型オフィスハブ開発を計画していることが分かった。総工費7億5,000万豪ドル(約599億円)…

関連国・地域: シンガポールオーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国では共働きする親が…(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

華為、豪で新高速WiFiサービス提供へ(05/24)

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(05/24)

〔政治スポットライト〕新労働党は企業重視に=アルバニージ議員(05/24)

労働党、QLD州上院議席獲得は1席のみか(05/24)

豪準備銀1.0%に利下げ見通し、効果は小?(05/24)

BHP、石炭から銅・ニッケルに重点移行(05/24)

ケンブラ港の輸入LNG、電力大手が契約(05/24)

加企によるヘルススコープ買収、全株主が支持(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン