• 印刷する

テイクオフ:チャンギ空港で17日に…

チャンギ空港で17日に開業した大型商業施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」。オープン後、最初の週末は3連休だったため、混雑するとは分かっていたものの、屋内で世界最大の落差を誇る人工の滝見たさに早速足を運んだ。

午前9時過ぎには現地に到着したが、既に人工滝や周辺の室内ジャングルは大勢の人でごった返している。夫はミラーレスカメラ、こちらは動画用小型カメラを持ち、滝をあらゆる角度で撮影しようと人の波をかきわけながら歩き回った。皆考えることは同じで、あちこちで来場者が撮影に興じているため、すぐに人の「渋滞」が起きてしまい撮るのも一苦労だ。

くたくたになりながらふと施設の高層階から人工滝を見下ろすと、滝つぼに虹がかかっていた。それまでの疲れが一気に吹き飛ぶ。買い物をしなくても、虹のためだけに同施設に通ってしまいそうだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チャンギ空港利用者数、4月は3%増(05/24)

飲料F&N、タイのスターバックス買収(05/24)

リキッド、香港の銀通とQR決済で提携(05/24)

電力小売市場、自由化で5社が撤退(05/24)

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

ア太の運用資産残高、地場企業が上位独占(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

4月のインフレ率0.8%、約2年ぶり高水準(05/24)

陸運大手、9月までに自動運転バス商用化(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン