• 印刷する

テイクオフ:首都圏を中心とした断水…

首都圏を中心とした断水が24日から予定されるが、影響は62万世帯、410万人におよぶよう。これまでは日系企業がさほど影響を受けない地域での断水が多かったが、今回はなじみのある地区や自宅、職場がすっぽりと対象エリアに入る。

ただ、思いつく対策といえば飲み水の確保やバスタブに水を張るといった程度。あとは冷凍庫にカレーライスを作り置きして、洗濯物を済ませ、断水の開始時刻までにトイレに行っておこうと思う。

地元紙によれば、貯水用の大型バケツの売れ行きが好調という。品薄や在庫切れになる販売店もあるが、商売繁盛は他にもありそうだ。ミネラルウオーターはもちろん、レトルト食品やお手拭きシート、シャワーが使えないと想定した汗拭きシート、水要らずのメイク落としシートといったところだろうか。しばし「断水商戦」から目が離せない。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4月新車販売、前年比6.2%増 プロトン、SUV伸張で2位浮上(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

RM=26.2円、$=4.19RM(23日)(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ペンタマスター、半導体不振も業績に自信(05/24)

旅客サービス料改定、10月までに決定へ(05/24)

パンコール空港が10月開港、観光振興に期待(05/24)

首都圏住民の9割、不動産価格に割高感(05/24)

住宅クラウド融資、業界では賛否両論の声(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン