北京市のPM2.5濃度、1Qは7%低下

北京市生態環境局によると、第1四半期(1~3月)の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は52マイクログラムとなり、前年同期に比べ7.1%低下した。同局は「大気汚染の改善が進んでいる」と評価した。 大興区、房山区、西城区などの一部地域は…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アパートの駐車場に、左…(10/21)

3Q成長率は6.0%に減速 最低更新、目標達成へ正念場(10/21)

豪ガソリン輸入、米国から急増 主要調達先の市価上昇で(10/21)

聯発科技董事長、「5G・AI領域強化」(10/21)

9月の鉱工業生産5.8%増、単月は伸び拡大(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

3Qの設備稼働率76.4%、前期から横ばい(10/21)

ムセのタマネギ輸出が増加、中国で需要増(10/21)

13回目の米中閣僚級協議、劉副首相が高評価(10/21)

1~9月財政統計、税収は2カ月連続で減少(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン