• 印刷する

3月の訪日タイ人、27%増の14.7万人

日本政府観光局(JNTO)が17日発表した訪日外客数統計で、2019年3月に日本を訪れたタイ人(推計値)は、前年同月比26.8%増の14万7,400人だった。20カ月連続でプラスを維持し、3月としては過去最高を記録した。

JNTOは、航空路線の新規就航や増便により座席供給量が前年同月と比べて大きく増加したことに加え、北海道などが情報発信・広告宣伝などの訪日旅行プロモーションを行ったことで日本の露出が増え、訪日客数が好調に伸びたと分析した。

タイは、訪日外国人の国・地域別で6位、東南アジア諸国連合(ASEAN)では、唯一10万人を超えて1位だった。ASEAN主要6カ国は、フィリピン以外前年同月を上回った。

3月の訪日外客総数は前年同月比5.8%増の276万100人で、3月の過去最高を更新。市場別では、インド、米国、カナダ、英国、ドイツが、単月として過去最高を記録した。桜の観賞などを目的とした訪日需要が高まる春に向け、各市場で展開した訪日旅行プロモーションの効果もあり、全体が堅調な伸びを見せた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車に乗っていたら、車…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

融資規制が打撃、実需に注力 タイ不動産市場の最新展望(上)(10/16)

メガシティー、ホテル・オフィスの開発推進(10/16)

新たな土地評価額の適用、21年まで延期(10/16)

不動産ナワラット、中国合弁とビル建設(10/16)

空港高速鉄道、契約に用地収用への対応追加(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン