• 印刷する

テイクオフ:指紋、顔、虹彩と、セキ…

指紋、顔、虹彩と、セキュリティーの強化に向けて、さまざまな生体認証が身近になりつつある。手元にあるスマートフォンも画面をのぞき込めばロックが解除されるため便利だ。パスポートの顔写真のページをスキャンし、顔を画面に向けるだけで入国審査が終えられるシステムを導入する空港も少なくない。

シンガポールも入国審査に顔・虹彩認証の試験導入を開始した。まずマレーシアとの陸路国境で国民の一部を対象に実施するという。パスポートも提示しなくてもよいというから、まさに「顔パス」状態となる。

顔認証は寝起きの顔を判別しづらいという欠点があるが、いずれ「変顔」をしても本人と判別してくれるようになるだろう。指紋が薄いため、いつも指紋認証がある入国審査で苦労する身にとっては、早く全面的に利用できるようになってほしい。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AI技術の特許審査、世界最短の6カ月に(18:04)

建設業の総雇用者数、3年ぶりに増加(18:04)

新興企業ネオ、一人乗り飛行体を開発(18:30)

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

管理会計士への転職支援、研修制度が始動(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

郊外に事務所移転の動き、賃料上昇で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン