• 印刷する

東京中央オークション、台湾競売会社株34%取得

中国美術作品を主に取り扱う競売会社の東京中央オークション(東京都中央区)はこのほど、台湾同業の、沐春堂拍売の株34%を取得すると発表した。15日付時事資訊によると、両社は8月、台湾で「東京中央沐春堂」名義のオークションを共同開催する。

東京中央オークションと沐春堂は既に、株取得に関する覚書(MOU)を第三者機関と締結。6月にも手続きを完了する予定だ。

香港子会社の東京中央オークション(香港)の担当者は、出資の理由についてNNAに対し、「グローバル化に向けて、さらに多くのコネクションを得ることができるため」と回答。「沐春堂とはかねて交流があり、オークションを通して文化交流を促進するという理念も一致していたことから、出資を決めた」と説明した。

東京中央オークション(香港)は今後について、「両社が有するコレクターのネットワークとコレクションのリソースを活用することで大きな相乗効果を生み出せる。当社は引き続き、アジアと世界の市場開拓を進める」と述べた。


関連国・地域: 香港台湾日本
関連業種: 金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所のかき氷店はガイド…(11/14)

10年で洋上風力10GW拡大へ 総統が新方針、来年1Qに詳細(11/14)

中華電信、7月に5Gサービス開始(11/14)

光群雷、20年は印やアフリカ展開を強化(11/14)

TSMCの3ナノ工場、20年着工へ(11/14)

半導体商社の大聯大、同業の文曄にTOB(11/14)

三菱ケミカル、台湾3社統合で新会社設立(11/14)

中油、モバイル決済「中油ペイ」開始(11/14)

声宝の台南新工場、20年3Qに量産開始(11/14)

宏全国際、フィリピンに新工場計画(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン