• 印刷する

東京中央オークション、台湾競売会社株34%取得

中国美術作品を主に取り扱う競売会社の東京中央オークション(東京都中央区)はこのほど、台湾同業の、沐春堂拍売の株34%を取得すると発表した。15日付時事資訊によると、両社は8月、台湾で「東京中央沐春堂」名義のオークションを共同開催する。

東京中央オークションと沐春堂は既に、株取得に関する覚書(MOU)を第三者機関と締結。6月にも手続きを完了する予定だ。

香港子会社の東京中央オークション(香港)の担当者は、出資の理由についてNNAに対し、「グローバル化に向けて、さらに多くのコネクションを得ることができるため」と回答。「沐春堂とはかねて交流があり、オークションを通して文化交流を促進するという理念も一致していたことから、出資を決めた」と説明した。

東京中央オークション(香港)は今後について、「両社が有するコレクターのネットワークとコレクションのリソースを活用することで大きな相乗効果を生み出せる。当社は引き続き、アジアと世界の市場開拓を進める」と述べた。


関連国・地域: 香港台湾日本
関連業種: 金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

台湾でポイント決済サービス、ハナ金融(16:13)

「国と認めず」、圧力にめげず 看見カンボジア(3)中国に乗れ(04/26)

中華電信、音声アシストプラットフォーム開発(04/26)

中華映管、子会社保有の大同株全て売却(04/26)

樺漢、スイスのアマノックスを完全子会社化(04/26)

ヤゲオ、1Q純利益は6四半期ぶり低水準(04/26)

UMC、1Qは営業外利益計上で黒字転換(04/26)

ジェイフロンティア、台湾法人を設立(04/26)

杏輝医薬、ダイトの脂質異常症治療薬独占販売へ(04/26)

セメントで共同値上げ認定、公平会が5社処分(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン