• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの総選挙…

オーストラリアの総選挙日が5月18日に確定した。与党保守連合(自由党・国民党)と最大野党の労働党はそれぞれ、モリソン首相とショーテン党首を前面に出した選挙活動を始めており、TV局は遊説先で自党候補や公約をアピールする両氏の演説を中継している。

ただ、いつも気になるのは、演説の間、両氏の隣でじっと無言で立ち続ける候補者や関係者の表情だ。演説にうなずくなど反応する人はいいのだが、圧倒的多数がモリソン首相やショーテン党首が話す間、「どういう表情をすればいいのだろう」と困惑した顔を見せている。話者の後ろにいるので同じ「チーム」に所属しているということだが、中継を見る限りどうもそのように見えず、ばらばらの集まりに思える。

各党の選挙戦の戦略家(ストラテジスト)は、彼らの振る舞いも指導した方がよいのではないだろうか。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:シドニーで開催された日…(09/24)

豪でインサイダー取引横行か 役員が逆張り投資、専門家が批判(09/24)

昨年度の集団訴訟54件、豪で増加傾向に(09/24)

IOOF裁判棄却、APRAの無能あらわ?(09/24)

個人納税者の不正申告、今年は減少=国税局(09/24)

実店舗と電子商取引の共存、業界で意見相違(09/24)

NSW州金銅山、水不足で9カ月内生産減か(09/24)

豪で拡大続く石炭事業、独環境NGOが非難(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン