スハルト氏三男、ドバイ企業と不動産事業

インドネシアの故スハルト元大統領の三男、フトモ・マンダラ・プトラ(通称トミー)氏が筆頭監査役を務め、近代的卸売店「GORO」などを運営するブルカヤ・マクムール・スジャテラは11日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点とするコングロマリット(複合企業)、ビン・…

関連国・地域: インドネシア中東
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数年前、歩行者の間を軽…(11/20)

デジタルで金融サービス拡大 政府調査、56%が金融機関を利用(11/20)

日本通信、HIS子会社などと基本合意(11/20)

預金保証金利、きょうから0.25%引き下げ(11/20)

一般家庭用の電気料金、体系を一部変更へ(11/20)

財政赤字、税収不足でGDP比2.2%台予測(11/20)

豪との包括的経済連携協定、年内に批准へ(11/20)

ガルーダ航空、香港路線を大幅減便(11/20)

国内の航空MRO、需要の半数が外国で実施(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン