• 印刷する

テイクオフ:取材でシンガポール本島…

取材でシンガポール本島の最東端に行く機会があった。タクシー運転手に住所を告げると、「行ったことがないし場所もよく分からないな……」となんとも心もとない。

チャンギ空港を通り過ぎると緑地が延々と続く。タクシー車内でスマートフォンの画面を見ると、通信のアンテナ表示が消えかけている。本当にこんな場所に目的地があるのかと不安を感じながら車窓を眺めていると突然、展示会会場が現れた。

今回のように、仕事で国内の「未開の地」を訪れることが少なからずある。随分昔、同じく本島最東端にできた水処理施設を訪れた時は、施設開発に併せて周辺に道路が新設されたため、タクシー運転手が道路名を知らずに右往左往した覚えがある。

シンガポールは国土が狭いながらも、タクシー運転手が知らない場所が結構あるものだ。いつも住所を見せれば簡単に到着できると侮ってはいけない。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7カ月連続輸出減、底入れまだ 通年は10年ぶり低水準の声も(10/18)

5G通信事業者、国内4者を選定へ(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

医療充実都市ランキング、世界16位(10/18)

シンガポール航空、札幌冬季限定便が最多に(10/18)

モビリティー先進度で世界首位、政策など評価(10/18)

9月の新規車両登録7%減、二輪伸び鈍化で(10/18)

香港の日系企業数、今年も2位を維持(10/18)

最大労組NTUC、30年までに組合員150万人(10/18)

国際ハブ港のうち1カ所をスーパーハブ港に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン