• 印刷する

テイクオフ:米グーグルの関連企業が…

米グーグルの関連企業が、キャンベラでドローンによる配達サービスを開始した。オンライン販売の普及により、日本では配達員の長時間労働が社会問題になっている中、夢のある話だと心躍ったが、オージーの友人から「オーストラリアでは絶対に上手くいかない」と一蹴された。理由は、撃ち落として楽しむやつが現れるからだそうだ。

シェア自転車事業が成功していないことも同じ論理だという。確かに、自転車が放置されてゴミ箱と化すなど問題となり、事業者が次々と撤退していった。特に若いオージーにはモラルがなく、交通から飲酒まで多くの規制が敷かれているからこそ何とか国の秩序が保たれているという。

ドローンの運営企業や航空安全局は、国民の安全確保や騒音問題にあらゆる努力を払ったというが、保護すべきは国民ではなく、ドローンの方なのかも。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの駅構内に人だ…(12/13)

豪大手企業、3割が納税ゼロ 国税局の年次報告書(12/13)

NSW財政、消費税収減少で黒字額下方修正(12/13)

QLD財政、貯蓄増加も石炭価格低下で圧迫(12/13)

VIC警察、賃上げ求め16日から争議行為(12/13)

〔政治スポットライト〕豪とインド、軍事支援協定締結へ前進(12/13)

安売りハリススカーフ、身売り直後に破綻(12/13)

フィンテック企マネーミー、ASXに上場(12/13)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(12/13)

豪政府、防疫費用回収で1月に輸入税引上げ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン