• 印刷する

テイクオフ:米グーグルの関連企業が…

米グーグルの関連企業が、キャンベラでドローンによる配達サービスを開始した。オンライン販売の普及により、日本では配達員の長時間労働が社会問題になっている中、夢のある話だと心躍ったが、オージーの友人から「オーストラリアでは絶対に上手くいかない」と一蹴された。理由は、撃ち落として楽しむやつが現れるからだそうだ。

シェア自転車事業が成功していないことも同じ論理だという。確かに、自転車が放置されてゴミ箱と化すなど問題となり、事業者が次々と撤退していった。特に若いオージーにはモラルがなく、交通から飲酒まで多くの規制が敷かれているからこそ何とか国の秩序が保たれているという。

ドローンの運営企業や航空安全局は、国民の安全確保や騒音問題にあらゆる努力を払ったというが、保護すべきは国民ではなく、ドローンの方なのかも。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(05/24)

ライナス、米中の貿易戦争で事業に好機か(05/24)

ソルター兄弟、ブリスの高級ホテル買収(05/24)

テイクオフ:「この曲を知っているか…(05/23)

アルバニージ氏が新党首濃厚 労働党、ボーエン議員が出馬辞退(05/23)

与党続投、豪財界は「エネ政策の安定を」(05/23)

中国投資50億$減、対中関係再構築が急務に(05/23)

豪株式、前日の高値から続伸(05/23)

資源BHP、WA州ニッケル資産を維持へ(05/23)

BHP、加カリウム鉱山の生産拡張は無謀?(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン