成長率予測3.6%に引き下げ=サイアム商銀

タイの商銀大手サイアム商業銀行(SCB)傘下の研究所SCBエコノミック・インテリジェンス・センター(EIC)は10日、2019年のタイの国内総生産(GDP)成長率予測を3.8%から3.6%へ引き下げた。1月に4.0%から3.8%へ下方修正したが、世界経済が当初予測よりも減速し…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近は雨がぱらつく日や…(05/23)

4月輸出2.6%減、対中が低調 摩擦緩和へ輸出先開拓の動きも(05/23)

日産、EV充電器設置で台湾系デルタを選定(05/23)

マプタプット港拡張事業、政府が再交渉指示(05/23)

空港鉄道、福祉スマートカードの供用開始(05/23)

PTTEP、東北内陸部で天然ガス増産(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

タイ中銀、住宅ローン規制は緩和せず(05/23)

カシコン銀、ラオスで銀行代理店展開を計画(05/23)

22日為替:$1=31.935(↓)(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン