• 印刷する

ジャワ島高速道路、東ジャワ州の一部が開通

ジョコ大統領(中央)が、プロボリンゴで高速道路の一部開通を宣言した(内閣官房提供)

ジョコ大統領(中央)が、プロボリンゴで高速道路の一部開通を宣言した(内閣官房提供)

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は10日、ジャワ島横断高速道路の一部である東ジャワ州パスルアン―プロボリンゴ間(45キロメートル)のうち、31.3キロメートルの開通を宣言した。ジャワ島横断高速道路はジャワ島西端のバンテン州メラックと東端の東ジャワ州バニュワンギを結ぶ。1月にメラックからパスルアンまでが開通した。

ジョコ大統領は「高速道路の開通で、人やモノの流れが迅速化する」と期待を寄せた。

国営アンタラ通信によると、建設費は2兆9,000億ルピア(約228億円)。建設を担当した国営ワスキタ・カルヤのイ・グスティ社長は「同区間の移動は一般道路を使うと2時間半を要していたが、今後は30分で移動できるようになる」と説明した。

メラックからプロボリンゴまでは962キロメートル。ジョコ大統領は「バニュワンギまで開通すると総延長は1,148キロとなる。残り186キロは早ければ2021年に開通させたい」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジョクジャ新空港、国内線から運航開始(17:59)

首都知事、空閑地の土地建物税を引き上げ(17:07)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン