• 印刷する

テイクオフ:多文化国家のオーストラ…

多文化国家のオーストラリアで苦労するのが、名前の種類の豊富さだ。東欧にインド、中東やアフリカなど全く聞いたことがない名前に遭遇することも多く、特にMrかMsの判断に迷ってしまう。

きちょうめんに敬称を使わなくてもと思いつつ、どうしても反発するわが日本人魂。毎回、名前をグーグル画像検索にかけ、出てきた写真で性別を判断するなど試行錯誤してきたが、このたび「Behind the Name」という便利なサイトを発見した。

世界中の名前の性別や発音、漢字など元の言語での表記だけでなく、各国での普及度や名前から受ける印象など、かなり細かい情報まで調べられる。欧米以外の知人の名前を検索すると百発百中だったので精度は高そうに思えた。しかし、自分の名前で挙げられていたのはアニメのキャラクターだらけ。日本名の情報源はアニメということだった。(松子)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪ウエストパック、住宅ローン事業から撤退(19:37)

華為、豪・NZへのグーグル問題の影響否定(19:08)

豪マツダ、今年の販売10万台達成目標(19:08)

ルイ・ヴィトン、シドニーに豪初のVIP店(19:08)

テイクオフ:オーストラリアのバーベ…(05/22)

所得税減税、実現は来年度か 開票完了まで議会招集できず(05/22)

与党勝利を好感、豪株式が6500P突破(05/22)

保険会社、政府に気候変動対策の強化を要請(05/22)

住宅相の新設で経済活性化を=不動産業界(05/22)

労働党党首選、ボーエン議員も出馬(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン