• 印刷する

テイクオフ:タイ正月(ソンクラーン…

タイ正月(ソンクラーン)は自宅にこもるのが通例。多くのタイ人は大体そう思っている。1年で最も暑くなるこの時期、昼間は自宅で暑さが過ぎるのを待ち、涼しくなる夕方に食事に出かける。もしくはクーラーでキンキンに冷えた商業施設で、友人らと時間を過ごすのがお決まりだ。

だが、どうやら外国人旅行者は、そうした時間の過ごし方を好まないらしい。数年前のソンクラーンの休暇中に東部のリゾート地パタヤを訪れた時のこと。照りつける太陽の下、燃えるような暑さの砂浜の上で、長時間日光浴をしている外国人旅行者らを見て仰天した。タイ人にとってその行為は、拷問でしかないと思ってしまうのだ。

とはいえ、これはタイ人が雪に焦がれ、最も寒い冬の時期に北海道を訪れるのと同じことか。結局人は、自分にとって未知の世界に焦がれるということだろう。(木)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィスの最寄り駅周辺…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

タイ大手の環境経営に高評価 ESG銘柄の選出、東南アで最多(09/24)

EEC開発予算、20年度は600億円割り当て(09/24)

研究開発費、19年は32%増の7千億円規模へ(09/24)

VAT還付窓口の事業、申請受付を近く開始(09/24)

ブルーライン延伸区間、全11駅で試験運行(09/24)

泰との共同開発海域、R&Dに400万ドル支援(09/24)

タイ国鉄、民間との列車の共同運行を検討(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン