シンガ系害虫駆除が事業拡大 商業需要取り込み成長率180%

飲料・食料品や外食分野の投資が増えるミャンマーで、害虫駆除サービスの需要が拡大している。シンガポール系のタイタン・ミャンマーは9日開いた記者会見で、2016年に最大都市ヤンゴンに現地法人を設立後、商業施設やレストラン、食品・飲料大手などを取り込み、年間成長率が顧客…

関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: 医療・医薬品サービス


その他記事

すべての文頭を開く

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

愛知の安城電機、浄水器を販売(10/23)

国営メディアの報道に偏り、民営は多角的に(10/23)

18年度のインドとの国境貿易、2億ドルに増(10/23)

金取引の規制強化を=業界団体(10/23)

政府が有機食品指針を策定、初の認証に向け(10/23)

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(10/23)

IFC、ミャンマーの養豚業に8億ドル支援(10/23)

ヤンゴン管区、写真スポット選定で観光振興(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン