豪の移民数27万人超と15%増、政策に疑念も

オーストラリアの年間移民流入数が、2019年は27万人以上に達するとみられ、前年比15%増と過去最高に近い水準となることが分かった。移民枠を削減し、都市の過密化の緩和を目指すモリソン政権の政策とは反対の流れに、政策への疑念が持ち上がっている。シドニー・モーニング・ヘラ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

テイクオフ:不注意で頭をぶつけ、流…(04/24)

豪政府、小企業ファンド新設 1億$拠出で事業25万件創出へ(04/24)

〔ポッサムのつぶやき〕トランプ大統領訪豪へ、でもゴルフ目当て?(04/24)

労働党、外国人労働者の21%賃上げを公約(04/24)

豪再生エネ業界、1.7万人分の雇用創出(04/24)

豪州の与野党、移民数の削減を公約に(04/24)

シェブロン、WA州のLNG権益売却か(04/24)

豪資源業界、EV普及に備え産銅事業に投資(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン