• 印刷する

LOLCに社債発行認可、証券委

カンボジア証券取引委員会(SECC)は、スリランカ系マイクロファイナンス(小口金融)機関、ランカ・オリックス・リーシング・カンパニーLOLC(カンボジア)の社債発行計画を認可したと明らかにした。同社は5月初旬にもカンボジア証券取引所(CSX)に社債を上場する予定だ。クメール・タイムズ(電子版)が5日伝えた。

SECCが3日に認可した。LOLC(カンボジア)のソク・ブン最高経営責任者(CEO)は、クメール・タイムズに対し「5月第1週の上場を目指している。調達する資金は融資の拡大に充てる」と話した。クメール正月後に上場説明会を開き、認知度を高めていく考えだ。

社債発行額は約2,000万米ドル(約22億円)を見込む。社債は固定金利型と外国為替連動型の2種類を発行する。償還期間はいずれも3年。利率は申込期間中に決定する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

宜佳旅遊と中国中信、リゾート開発で提携(20:06)

タイ国境鉄道、実用化に課題 運営・設備整わず、輸送網に遠く(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

EUのコメ課税に反対、東南アに支援要請(04/25)

燃料価格20%上昇、4カ月ぶり=商業省(04/25)

モンドルキリに新空港、年後半に調査開始(04/25)

ケップ州の観光開発推進、カジノは認めず(04/25)

分析重視の教育が必要、IT時代に備え(04/25)

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン