• 印刷する

テイクオフ:英調査によるとマレーシ…

英調査によるとマレーシア料理の認知度は、東南アジアの中でタイ、ベトナム、インドネシア、シンガポールを下回って世界34カ国中20位にとどまった。うしろを見渡せばまだ国名はあるが、実質東南アジア最下位と言えよう。

考えてみれば、マレーシアの名物料理は周辺国と重なるものが多い。中でも海南チキンライス、バクテー(豚肉のスープ煮込み)などはシンガポールと共通した名物料理のはずだが、日本では「シンガポール料理」として定着。ラクサにいたってはペナンからサラワクまで種類があるのに、日本の大手即席麺に「シンガポール代表」と記される始末だ。

かの国とは以前もバクテーの発祥を巡って両国の閣僚を巻き込んだ論争があった。それだけ料理に対する思いは強いが、対外宣伝の差が出たようだ。日本でマレーシア料理がメジャーになる日は来るのだろうか。(角)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世銀予測、19年は4.7%成長 不確実性と石油依存の財政を懸念(04/26)

RM=27.0円、$=4.13RM(25日)(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

マ航空、学割プランでデジタル3社と提携(04/26)

ホンダ、アコードのエアバッグ無償交換(04/26)

浄水場の工事完了、首都圏の水供給回復へ(04/26)

トロピカーナ、4社と共同開発で合意(04/26)

SPセティア、持ち家支援システムを導入(04/26)

精密部品のUWC、ブルサ上場で承認(04/26)

ハイテクパドゥ、ペナンの駐車システム受注(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン