• 印刷する

テイクオフ:シンガポールの中心部に…

シンガポールの中心部に、外観が木のツタで覆われ、デザインも特徴的な、ひときわ目立つホテルがそびえたっている。国の緑化政策の一環として設計された建物だ。勤務するオフィスビルの窓から見えるため、いつも気になっている。

周辺を歩くと、所々枯れている葉を見かけるが、全体的に緑で生い茂っており、きちんと整備されていることがうかがえる。維持費用は莫大なのだろう。ウェブサイトで料金を調べてみると、中心部かつ駅近にもかかわらず手頃な値段だった。環境に優しいビルとして政府から補助を受けているからだろう。

毎日眺めていると一度は宿泊してみたい衝動にかられてきた。妻に「週末に家族で泊まってみない」と持ち掛けてみたが、案の定「自宅で寝てなさい」と一蹴された。「高嶺の花」ならぬ「高嶺のツタ」か。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャンギ空港で17日に…(04/24)

サイバー対策専門家の需要増 法整備強化で、給与上昇圧力(04/24)

ヘン氏が5月から副首相、次期首相ほぼ確実(04/24)

3月インフレ率0.6%、サービス・食品が上昇(04/24)

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(04/24)

ベンチャーの清掃ロボット、新商業施設で稼働(04/24)

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放(04/24)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(04/24)

米業務ソフト大手、同業との提携強化(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン