• 印刷する

東洋建設、ミ島洪水対策工事を59億円で受注

東洋建設は2日、フィリピンの公共事業道路省から、円借款事業の「カガヤンデオロ洪水対策工事(パッケージ2)」を受注したと発表した。受注額は約59億円。南部ミンダナオ島のカガヤンデオロ川流域で堤防の建設と修繕を行い、周辺地域の洪水被害の緩和を図る。5月に着工する予定で、工期は36カ月間となる。

3月7日に契約を交わした。東洋建設は延長2.3キロメートルの堤防を建設する。同事業の円借款は、調達適格国を全ての国・地域とする一般アンタイドだが、工事区域は住民の居住地に隣接しており、振動と騒音を最小限に抑えられる高度な施工技術が求められるため、東洋建設が受注した。工事には、日本で開発・実用化された地盤改良工法 「静的サンドコンパクションパイル工法」を採用する。

同国は世界的にも自然災害が多く、特に11年にミンダナオ北部を直撃した台風センドンでは、死者が1,200人以上、被災者は117万人に上った。カガヤンデオロ川下流に位置するカガヤンデオロ市は、十分な洪水対策がとられておらず、台風センドンがもたらした上流からの鉄砲水で河川沿いの集落が壊滅的な被害を被った。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融建設・不動産政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジョンソン英首相の発言…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

マニラ近隣州で制限緩和 外資工場集積、需要回復見通せず(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

コロナ緊急支援に借款500億円、日本政府(07/02)

コロナ感染新たに999人、累計3万8511人(07/02)

教育格差拡大の恐れ、対面授業は当面先送りも(07/02)

バス専用路線の暫定運用開始、運輸省(07/02)

高速道運営NLEX、電子決済システム強化(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン