• 印刷する

<予算案>豪、財政黒字化で最高格付け維持

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスや米S&Pグローバル・レーティングが、オーストラリアの与党保守連合(自由党・国民党)による財政黒字化の見込みを受け、オーストラリアのソブリン格付けを「AAA(トリプルA)」に据え置く姿勢を示している。3,020億豪ドル(約23兆9,835億円)相当の減税政策による経済活性化が見込まれていることなどが背景。ただ、予算案は楽観的すぎるとの指摘も出ている。4日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

トリプルAを獲得している国は、世界でもオーストラリアを含め11カ国だけ。

フィッチのオーストラリア部門を率いるアナリスト、ズーク氏は「2019/20年度の黒字化は達成可能とみられるが、国内総生産(GDP)の成長や雇用市場がやや停滞していることから、歳入や黒字幅は保守連合の見通しよりも少ないだろう」と予想。「ただ、格付けに影響するほど重大な差ではない」としている。

またS&Pも、連邦・州・地方政府全ての財政が黒字化するとの予想に基づき、トリプルAへの据え置きを発表した。

調査会社BISオックスフォード・エコノミクスのチーフエコノミスト、ハンター氏は「黒字幅が19/20年度に71億豪ドルになるとの政府の予測は、楽観的すぎる。これをやや下回る結果になるだろう」との見方を示している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪12月消費者マインド下落、下期通じ悲観的(17:27)

ジェットスター、週末からストで欠航予定(17:28)

テイクオフ:シドニーでチェーンのイ…(12/11)

豪政府、海外支援策見直し 海外援助額27%減(12/11)

〔オセアニアン事件簿〕NZの火山島噴火、豪人含む8人行方不明(12/11)

WA環境局、CO2排出実質ゼロ強制を撤回(12/11)

SA州予算、昨年大幅黒字も今後2年は減速(12/11)

豪ライナス、粉砕浸出施設を本国に移設(12/11)

〔オセアニアン事件簿〕NSW州空気汚染、「危険」のなんと12倍!(12/11)

競争委が港湾タスポーツ提訴、独占状態で(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン