• 印刷する

<予算案>豪、財政黒字化で最高格付け維持

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスや米S&Pグローバル・レーティングが、オーストラリアの与党保守連合(自由党・国民党)による財政黒字化の見込みを受け、オーストラリアのソブリン格付けを「AAA(トリプルA)」に据え置く姿勢を示している。3,020億豪ドル(約23兆9,835億円)相当の減税政策による経済活性化が見込まれていることなどが背景。ただ、予算案は楽観的すぎるとの指摘も出ている。4日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

トリプルAを獲得している国は、世界でもオーストラリアを含め11カ国だけ。

フィッチのオーストラリア部門を率いるアナリスト、ズーク氏は「2019/20年度の黒字化は達成可能とみられるが、国内総生産(GDP)の成長や雇用市場がやや停滞していることから、歳入や黒字幅は保守連合の見通しよりも少ないだろう」と予想。「ただ、格付けに影響するほど重大な差ではない」としている。

またS&Pも、連邦・州・地方政府全ての財政が黒字化するとの予想に基づき、トリプルAへの据え置きを発表した。

調査会社BISオックスフォード・エコノミクスのチーフエコノミスト、ハンター氏は「黒字幅が19/20年度に71億豪ドルになるとの政府の予測は、楽観的すぎる。これをやや下回る結果になるだろう」との見方を示している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国では共働きする親が…(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

華為、豪で新高速WiFiサービス提供へ(05/24)

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(05/24)

〔政治スポットライト〕新労働党は企業重視に=アルバニージ議員(05/24)

労働党、QLD州上院議席獲得は1席のみか(05/24)

豪準備銀1.0%に利下げ見通し、効果は小?(05/24)

BHP、石炭から銅・ニッケルに重点移行(05/24)

ケンブラ港の輸入LNG、電力大手が契約(05/24)

加企によるヘルススコープ買収、全株主が支持(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン