歳入庁、租税特赦第1期の申告は22.5万件

マレーシア内国歳入庁(IRB)は、タックス・アムネスティ(租税特赦)制度を受けての納税申告者が3月8日時点で22万5,000人超に達したことが分かった。3月末までの租税特赦第1期として徴税額は20億リンギ(約542億円)近くになる見通しだ。スターが25日伝えた。 マレーシア…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イオン、東南ア初の業態導入 地域ごとの店舗設計で需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

TRXで21年下期に「西武」開業、そごうKL(11/22)

RM1=26.0円、$1=4.17RM(21日)(11/22)

自動車UMW、発表済みの2Q利益を修正(11/22)

病院IHH、シンガポール新興企業に出資(11/22)

住宅省、未活用の寄進地を有効活用へ(11/22)

金融区TRX初の住宅物件、25日に発売(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

オンライン診療、政府が来年全国展開(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン