株価反発、キャピタランドは1.2%高

21日のシンガポールの株式相場は反発。ST指数の終値は前日比5.99ポイント(0.19%)高の3,213.65。売買高は10億3,000万株、売買代金は9億4,797万Sドル(約777億円)だった。値上がり銘柄は192で、値下がりは170。 個別銘柄では、政府系不動産開発会社キャピタランドが1.15%高…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米ファストフード大手マ…(11/21)

隔離型の洋上養殖施設が開所 世界初、生産20倍で自給率向上へ(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

中南米4カ国とのFTA、年内妥結へ(11/21)

卸売り販売額、電子不振で3年ぶり下落幅(11/21)

R&D・人材投資の税控除拡大、デロイト要望(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

フィッチ、中堅銀行の見通しは「安定」維持(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン