株価反発、キャピタランドは1.2%高

21日のシンガポールの株式相場は反発。ST指数の終値は前日比5.99ポイント(0.19%)高の3,213.65。売買高は10億3,000万株、売買代金は9億4,797万Sドル(約777億円)だった。値上がり銘柄は192で、値下がりは170。 個別銘柄では、政府系不動産開発会社キャピタランドが1.15%高…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャンギ空港で17日に…(04/24)

サイバー対策専門家の需要増 法整備強化で、給与上昇圧力(04/24)

ヘン氏が5月から副首相、次期首相ほぼ確実(04/24)

3月インフレ率0.6%、サービス・食品が上昇(04/24)

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(04/24)

ベンチャーの清掃ロボット、新商業施設で稼働(04/24)

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放(04/24)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(04/24)

米業務ソフト大手、同業との提携強化(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン