最低賃金引上が雇用に影響、政府が調査

最低賃金の引き上げが、卸小売業や飲食・宿泊業など一部の業種で雇用減少に影響を与えたという韓国雇用労働省の分析結果が発表された。政府が最低賃金の引き上げによる影響を調査・分析したのは初めて。調査結果は最低賃金委員会に提出される予定だ。韓国メディアが伝えた。 国会…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

テイクオフ:SNSや記事への悪質な…(10/16)

曺氏辞任で政権運営厳しく 日韓関係の展望、木村教授に聞く(10/16)

成長目標達成へ「緊迫感」 李首相、景気対策の強化を指示(10/16)

日韓関係悪化「影響なし」、日銀大阪支店長(10/16)

9月輸出額11.7%減、半導体が依然振るわず(10/16)

現代重グループの造船3社、労使交渉が難航(10/16)

現代・起亜自、リコール費膨らみ大幅減益へ(10/16)

印M&M社長が訪韓、双竜自の再建策提示も(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン