東海岸鉄道、実施にはコスト交渉必須=首相

マレーシアのマハティール首相は20日、連邦議会下院で、棚上げ状態となっているマレーシア東海岸鉄道(ECRL)事業の再開に向けて交渉を継続する意向を示すも、コスト削減が必須と強調した。スター、ニュー・ストレーツ・タイムズなど各紙が伝えた。 同首相は現在の条件下で事…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都圏を中心とした断水…(04/23)

マレーシア市場、一人負け 巨額債務が投資家心理の悪化招く(04/23)

法人営業ブリッジインター、TKと業務提携(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

RM=27.0円、$=4.13RM(22日)(04/23)

ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針(04/23)

不動産エムケイ、サイバージャヤで住宅発売(04/23)

UEMの南ア複合開発事業、現地企業と提携(04/23)

飲料スプリッツァー、ボトル増産などに投資(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン