経済行動評議会が始動、低所得者対策が焦点

マレーシアで今年2月に発足した経済行動評議会(EAC)の第一回会合が20日、開かれた。所得層で下位40%(B40)を対象とする経済政策が主な議題となった。スター(電子版)が伝えた。 事務局を務める経済省によると、第一回会合では、生活費の上昇抑止策のほか、B40を支援す…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本での新聞記者時代、…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

千代田化工、契約先が損害賠償増額求め提訴(10/17)

環ボルネオ高速道、来年1Qに3工区の入札(10/17)

宅配GDEX、ベトナム同業の株式50%取得(10/17)

UMWとTMワン、次世代技術開発で提携(10/17)

アリババが新興IT青田買い、コンテスト開催(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン