20日指数は反発、TSMC上昇受け買い広がる

20日の台湾株式市場で、加権指数は反発。終値は前日比39.24ポイント(0.37%)上昇し10,551.56ポイント、売買代金は1,186億6,700万台湾元(約4,290億円)だった。 20日の取引では、朝方から売り買いが拮抗(きっこう)。加権指数は寄り付きで上昇した後に一時前日の終値水準を下回…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

東芝、台湾で電気機関車受注 400億円、台鉄初の日本製採用(10/18)

TSMC、生産増強で資本支出4割増額へ(10/18)

3QのPC出荷、ASUSがマイナスに(10/18)

豪日産、EVソーラー充電の研究開始(10/18)

国研院、成功大学と半導体研究センター(10/18)

中光電智能機器人、AIドローンの新型機(10/18)

裕隆がEV充電ブランド、5000台分設置へ(10/18)

工作機械の業況、「来年末に好転」の見方も(10/18)

亜泥が19年に過去最高益か、中国事業好調で(10/18)

楽軒餐飲、日本産高級和牛と果物の小売店(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン