• 印刷する

テイクオフ:「“韓流”旋風に乗って…

「“韓流”旋風に乗って、高雄へ投資をする計画はありますか」――。記者会見で、企業にそんな質問を投げる記者が増えた。

韓国瑜市長が就任して以来、高雄では企業による巨額投資が相次いでいる。今週には鴻海精密工業が、人工知能(AI)を駆使した最新のスマート工場を建設すると発表したことが記憶に新しい。ファンがアイドルに金を落とすように、企業経営者もお気に入りの政治家がいるところに投資するのかもしれない。

一方、星宇航空の張国イ董事長(イ=火へんに韋)は同じような質問に対し、「高雄は複雑だ。空港が小さいし」と口を濁した。さらに、「韓市長がいるから投資するとは言えない。陳菊氏も、市長時代に観光業の発展に注力していた」と、民進党の元市長の名前を挙げて答えた。

韓流を交えた質問は意外にも、経営者の支持政党を映し出す鏡となっているのかもしれない。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の3Q純利益、過去4番目の高水準(12:54)

「精密農業」の強化に着手 官民連盟発足、日本超え目指す(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

ASUS、スマート・IoTの新事業群設立(11/15)

「貿易摩擦恐れず」、広達董事長(11/15)

中華電信の来年賃上げ、最高5%に(11/15)

全家の少添加物商品、年間売り上げ50億元(11/15)

宝雅が桃園に倉庫、生活用品店を北部展開(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン