• 印刷する

グラブ、後払い決済など金融サービス拡充

「グロー・ウィズ・グラブ」構想について説明するルーベン・ライ上級マネジング・ディレクター(グラブ提供)

「グロー・ウィズ・グラブ」構想について説明するルーベン・ライ上級マネジング・ディレクター(グラブ提供)

シンガポールの配車サービス大手グラブが金融サービスの拡充に乗り出す。クレディセゾンとの提携を生かした後払いサービスを含む決済、融資、保険関連のサービスを展開する。金融部門グラブ・フィナンシャル・グループが19日発表した。

同社のルーベン・ライ上級マネジング・ディレクターはこの日、シンガポールで開催中のフィンテック(ITを活用した金融サービス)・電子決済の国際会議・展示会「マネー20/20アジア」で、新たな事業構想「グロー・ウィズ・グラブ」を公表。東南アジアの中小企業や起業家向けを中心に、さまざまな金融サービスを提供していく方針を掲げた。

具体的にはまず、グラブの決済システム「グラブペイ」を電子商取引(EC)サイトや、小売店の販売時点情報管理(POS)端末で使えるようにする「ペイ・ウィズ・グラブペイ」を始動。すでに飲食店チェーン「コーヒー・ビーン・アンド・ティー・リーフ」「パリ・バゲット」のシンガポール国内の店舗で導入が決まっている。

向こう数週間以内には、クレディセゾンとの合弁会社が後払いサービス「ペイ・レイター」の提供を開始する。消費者はペイ・レイターを使って即座に商品を購入できるが、支払いは当月末にまとめて行うことができる。金利や手数料は無料。クレジットカードよりも手軽に利用することができる。後払いサービスを利用できるのは、グラブ独自の審査を通ったグラブアプリ利用者に限られる。

また、グラブの運転手向けの保険サービスも拡充。すでに提供している個人傷害保険、病気休暇保険の保障内容を充実させたプランを提供する。

グラブ・フィナンシャルはこうしたサービスの提供を皮切りに、東南アジアで最大級の加盟店ネットワークを持つ、インシュアテック(ITを活用した保険サービス)・フィンテック企業として成長することを狙っている。


関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: 金融運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(16:48)

金融管理庁、UBSに不正取引で制裁(14:47)

VR・AR導入の店舗増加 物販低迷下、集客力強化狙い(11/15)

商工会JCCI、20年1月から部会再編(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

IPCCが知財当局と提携、海外初(11/15)

オートバックス、地場自動車整備社を買収(11/15)

バンプーが新エネ事業再編、EV展開を強化(11/15)

東海東京、デジタル証券取引所運営社に出資(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン