比の予備調査「継続」、国際刑事裁の検察官

【マニラ共同】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は19日までに、フィリピンのICC脱退後も、同国の麻薬犯罪対策を巡る状況についての予備調査は継続するとの声明を出した。 ICCは、フィリピンのドゥテルテ大統領が進める麻薬犯罪対策で、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、25年までに全包装を再生可能に(14:03)

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(12:51)

テイクオフ:首都マニラ北西で22日…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

年内に上位中所得国入り、財務相が米で講演(04/24)

貿易産業省、オンライン製品認証手続き開始(04/24)

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(04/24)

23日株価指数:7818.93ポイント(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

現代自の1Q販売、商用車好調で12.5%増(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン