• 印刷する

献血者80万人、個人情報が閲覧可能な状態に

シンガポールで80万人余りの血液提供者の個人情報がオンラインで閲覧できる状態になっていたことが発覚した。保健科学庁(HSA)が15日発表した。

過去に献血した80万8,201人について◇氏名◇NRIC(国民身分証)番号◇性別◇献血回数◇直近3回分の献血日――に加え、一部は血液型、身長、体重も閲覧可能となっていた。

HSAによると、同庁の業務委託先の一社であるセキュア・ソリューションズ・グループ(SSG)で不適切なデータの取り扱いがあったためで、1月4日から今月13日までの約10週間にわたってデータが閲覧可能な状態になっていた。

あるサイバーセキュリティーの専門家が、血液提供者の個人情報が閲覧できる状態にあることを発見し、個人情報保護委員会(PDPC)に通報して発覚した。HSAによると、この人物以外に血液提供者のデータにアクセスした痕跡は確認されておらず、またこの人物も個人情報を入手・保管などはしていないという。

シンガポールでは昨年、公営医療グループのシングヘルスで約150万人分の患者情報が流出したほか、今年1月にはエイズウイルス(HIV)感染者約1万4,200人の個人情報が漏えいしており、サイバーセキュリティー対策の在り方が問われている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャンギ空港で17日に…(04/24)

サイバー対策専門家の需要増 法整備強化で、給与上昇圧力(04/24)

ヘン氏が5月から副首相、次期首相ほぼ確実(04/24)

3月インフレ率0.6%、サービス・食品が上昇(04/24)

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(04/24)

ベンチャーの清掃ロボット、新商業施設で稼働(04/24)

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放(04/24)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(04/24)

米業務ソフト大手、同業との提携強化(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン