• 印刷する

租税回避地のペーパーカンパニー、法的地位検討

台湾財政部(財務省)の蘇建栄部長(財務相)は4日、海外で事業を行う「台商(海外拠点の台湾企業・経営者)」が租税回避地(タックスヘイブン)に設立したペーパーカンパニーについて、法的地位を与える方向で検討する方針を明らかにした。台湾域内で合法的な立場とすることで、資金還流を促すのが狙い。蘇部長は、3カ月以内をめどに結論を出す考え。

5日付工商時報が伝えた。海外のペーパーカンパニーを通じて事業を行う台商をめぐっては、台湾で申告・認可されていない企業が違法事業者とみなされ、裁判所の判決で責任者が罰則を受けるケースが過去にあった。こうした事例について、立法委員(国会議員)からは「海外の資金を台湾に戻して投資する意思を削ぐ結果になっている」との指摘が出ていた。

蘇部長は、ペーパーカンパニーの合法性について、「資金洗浄(マネーロンダリング)防止と台湾経済の発展促進、域内企業と公平となる形で検討する必要がある」と説明。その上で、「親会社と子会社、税負担の少ない海外関連企業の法律的な位置付けを明確にする必要がある」と述べた。

■「5+2産業」投資で税率半減も

蘇部長はこのほか、海外から流入する資金の管理と課税に関する規定「海外資金匯回管理運用及課税条例」の草案について、資金を特定の産業に投資した場合、所得税を半減する案を検討していることを明らかにした。

行政院(内閣)を通過した草案では、政府が育成を進める「5+2産業」や卸売・小売業などを対象産業に想定。政府内では、これまでに資金還流を投資に回した場合に2年限定で優遇税制を設け、1年目は8%、2年目は10%とする方向で議論が行われているが、実現すれば初年度の税率が4%に引き下げられる可能性がある。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある夜、路線バスに乗っ…(10/21)

「双十一」の販売2倍続出か 各社が販促、認知度向上も追い風(10/21)

聯発科技董事長、「5G・AI領域強化」(10/21)

鴻海系、カンタツ株買い増しでレンズ強化(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

和碩が業績楽観、新アイフォーンの受注好調(10/21)

PCBの定穎電子、桃園工場を売却へ(10/21)

繊維の福懋興業、シェラー株50%取得(10/21)

オーディオテクニカ、台湾で新製品発表会(10/21)

台北双子星開発、市政府が藍天に優先開発権(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン