• 印刷する

テイクオフ:話には聞いていたが、「…

話には聞いていたが、「ついに来たか」との思いだ。数日前に近くのコンビニで、レジのところに見慣れぬ機器が備え付けられているのを発見。よく見てみると、顔認証で決済するための装置だと分かった。

スマホによる電子決済の普及で「財布いらず」の状況が広まった中国。顔認証決済が拡大すれば、今度は「スマホいらず」という社会になる可能性も。便利になるという期待がわくが、同時にちょっと怖いという思いも頭をよぎる。

日本では以前、クレジットカードに対し「目の前に現金がないので、経済観念がしっかりしていないと使いすぎる危険性がある」とする専門家の意見があった。ここから考えると、顔認証での買い物は手ぶらで便利だが、より一層健全な「経済観念」が求められるのかも。新技術へ挑戦するためには、自分も進歩しなくてはいけないということか。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

10月の新築住宅価格、上昇は50都市に減少(18:25)

中国非鉄業界の一帯一路、採算性に課題(18:01)

固定資産投資、過去最低を更新 1~10月5.2%増、工業消費も低調(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

タイ海運大手、カンボジアと広東省を接続(11/15)

一部インフラ事業の投資条件、国務院が緩和(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

米中は追加関税撤廃を協議中、商務省が表明(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン