• 印刷する

テイクオフ:「日本の援助でマニラに…

「日本の援助でマニラに地下鉄ができるって、本当?」――。数カ月ぶりに会った友人から尋ねられた。仕事柄日本とつながりが深く、何度か日本を訪れたことがある彼女。都内の地下鉄事情にも詳しく、駅ナカの商業施設に夢を膨らませる。

当地の人々が抱える不満は、ダントツで首都圏の渋滞や交通インフラに対してだと思う。待てども待てども一向に変わらない状況に嫌気が差すようで、ジプニー通勤をやめ、中国製の電動キックボードの購入を検討する友人も増えてきた。高額だが、ひとたび手頃な価格になれば飛ぶように売れそうな代物だ。

日本通の彼女は、絶対に遅刻できない用がある際はバイク配車アプリを利用する。ただ、車線変更のたびに隣の車と接触しそうで「怖いからもう乗りたくない」という。地下鉄の完成はまだ先だが、首を長くして待っているのは彼女だけではなさそうだ。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン