• 印刷する

テイクオフ:地元紙オーストラリアン…

地元紙オーストラリアンに「Who the hell is Hamish?」という連載がある。ある連続詐欺師の生い立ちがつづられているのだが、新聞にもかかわらずhellという単語が使われていることが気になった。

以前、オーストラリア観光局がプロモーション動画にbloodyという単語を使用したところ、英国での放映が禁止されたことがあるが、同じ英語でもオージー英語は非常にカジュアルだ。日常会話となれば、米国では攻撃的ととらえられるようなスラングが数秒置きに飛び交う。オージーの知人らによると、そのような言葉を使うことでお互い打ち解けられるなど、文化的にも重要なコミュニケーション手段だそうだ。

彼らは筆者に対しても汚いスラングを使用するべきと勧めてくるが、どうもこればかりは染まる気になれない。郷に入っては「豪」に従えと自分に言い聞かせるべきか。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パブで食事をしていると…(08/23)

豪GDP急減速の可能性も 中国向け輸出落ち込みで(08/23)

豪富士通、起亜とパトカー搭載向けAI開発(08/23)

マツダ、豪アフターサービスで4年連続1位(08/23)

〔政治スポットライト〕ベトナム、豪に南シナ海の安保維持要請へ(08/23)

カンタス、石油高と豪ドル安で17%減益(08/23)

日企3社の海運ONE、豪向け事業を拡大(08/23)

豪人は米旅行回避傾向、豪ドル安で=旅行企(08/23)

〔オセアニアン事件簿〕性暴行で有罪の元枢機卿、控訴裁が上訴却下(08/23)

VICとNSW、夏季に停電発生の恐れ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン