• 印刷する

ノックスクート、バンコク―上海線に就航

タイとシンガポール合弁の格安航空会社(LCC)、ノックスクート・エアラインズはこのほど、バンコク(ドンムアン空港)―上海(浦東国際空港)線の運航を開始した。4日付ネーションがチャイナデイリーの報道を引用して伝えた。

4日からデイリー便の運航を開始した。往路は午後9時20分にバンコク発、午前2時20分に上海着。復路は午前3時35に上海発、同7時35分にバンコク着。機材はボーイング777s。座席数は415席。

ノックスクートは中国の江蘇省南京市、山東省青島市、天津市などとバンコクを結ぶ路線も運航している。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(20:44)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

テイクオフ:東部チョンブリ県の叔母…(11/20)

トヨタが渋滞緩和へ実証実験 首都で第2フェーズ、AIを活用(11/20)

首都空港第2期拡張、来年11月に供用開始(11/20)

ジェトロ、EVの標準化でワークショップ(11/20)

三菱自、トライトン特別車の新モデル投入(11/20)

三菱自、小型車2モデルをフェースリフト(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

日鉄エンジと大ガス、東レのエネ効率化実施(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン