• 印刷する

新空港の開発地区、土地取引を一時停止

カンボジアの首都プノンペン近郊に建設する新空港事業の実行委員会は、開発予定地での土地取引を一時的に禁止すると発表した。プノンペン・ポスト(電子版)が4日伝えた。

実行委員会は2月28日、建設地となる見通しの南部カンダル州とカンダル州に隣接するタケオ州、土地登記当局に対し、開発予定地の土地所有者を特定するとともに、対象地区での土地売買など全ての土地取引を一時停止させることを決定した。

新空港は、カンダル州タクマオのカンダスストゥン地区に建設される見通し。建設はカンボジアのコングロマリット(複合企業)、オーバーシーズ・カンボジア・インベストメント(OCIC)が中国企業とともに請け負う可能性が高い。中国の李克強首相が2018年1月にカンボジアを訪問した際、フン・セン首相との間で新空港の建設計画を協力して進めることで合意した。

実行委員会は、空港建設を加速させる目的で2月下旬に設立された。カンダル州の知事など23人で構成し、会長にはチア・ソパラ建設相が就任。建設用地の最終決定や土地価格の算定、土地収用問題の解決支援、関係省庁との調整などを手掛ける。

新空港建設の総事業費は15億米ドル(約1,680億円)が見込まれている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

電力不足で計画停電実施 日照りが打撃、5月末まで継続(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

サタパナ銀、資本金3千万ドル追加(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

コンポンスプー州の太陽光発電、4月に稼働(03/20)

元デイリー創業者、クリッシャー氏死去(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

三井住友海上など、東南アでスマホ経由保険(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン