• 印刷する

テイクオフ:台東の富岡港から船に揺…

台東の富岡港から船に揺られて50分、太平洋に浮かぶ緑島を訪れた。日本統治時代は火焼島と呼ばれ、サンゴ礁に囲まれた自然豊かな島だ。

だが、台湾の暗い歴史を背負う島でもある。白色テロと呼ばれた政治的弾圧の続いた時代、政治犯の烙印(らくいん)を押された多くの若者が逃げる場所のないここに送られてきた。戒厳令が解除される1987年までは流刑の地だったのだ。当時の歴史を伝える人権博物館で、雑居房跡や生々しい展示物に目がくぎ付けになった。そこで過ごした人々の息づかいが今でも聞こえてくるようだ。

一方、耳を澄ませば潮騒が聞こえてくる美しい場所に、いまは人権記念公園が建つ。記念碑には、現総統府秘書長の陳菊氏をはじめ、かつて緑島に政治犯として送られた人々の名前が刻まれている。民進党にとってはシンボリックな土地であり、そうした意味でもまさに「緑」の島と言える。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

唐揚げの天下鳥ます、香港1号店(17:48)

テイクオフ:バットから放たれた白球…(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

ASUS、インドのノートPC市場で存在感(04/25)

科妍、仏マコファルマと販売ライセンス契約(04/25)

生活用品最大手の小北百貨、500店展開へ(04/25)

「餃子の王将」、台北1号店が27日オープン(04/25)

東元、トルコアイス「MADO」1号店開店(04/25)

外食の王品、上海に新ステーキレストラン(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン