• 印刷する

テイクオフ:配車アプリサービスのタ…

配車アプリサービスのタクシーに乗るなり、運転手が開口一番「電子マネーをチャージしませんか」。この配車アプリが提携している電子マネーは、運転手に現金を渡すことでもチャージできるからだ。「1万ルピアでもいいですから」。80円ほどだ。

電子マネーは、スマホひとつあれば、モバイルバンキングで瞬時にチャージできる。あらかじめ小銭を用意しなくても済むから、いつも電子マネーで決済する。運転手がやけに熱心だと思ったら、客からのチャージの要請に応えれば、自分が配車サービス会社からボーナスをもらえるのだそうだ。

そこまで言うなら、と財布を出そうとしたら運転手氏、ハンドルよりも自分のスマホ画面の操作にくぎ付けになった。こちらは慌てて「目的地に着いてからね」。デジタル化がこれだけ進んだ時代でも、アナログな部分はまだ生き残っている。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

テイクオフ:渋滞の先で事故が起きて…(04/24)

【この人に聞く】建築設計事務所ブリコルール 内資法人としてインドネシア進出(04/24)

西ジャワ州3県・市の業種別最低賃金が決定(04/24)

パナ、プロ用ミラーレス一眼カメラを販売へ(04/24)

商用車展示会、来年は3月5~8日に開催(04/24)

トラック通行規制、レバラン前後6日間実施(04/24)

レバランの公共交通利用者は前年比4%増に(04/24)

ビトゥン特区、中国企業と運営会社設立へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン