工作機械や産業用印刷強化、ブラザー

【共同】ブラザー工業は2月28日、自動車用工作機械や産業用印刷機器を強化する2020年3月期から3年間の新中期経営計画を発表した。22年3月期連結業績は売上高7,500億円、営業利益750億円を目標とする。19年3月期業績見通しに比べ売上高は600億円増、営業利益は50億円増となる。…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

韓国、日本の管理強化巡りWTOに提訴(09/13)

日韓新たな火種、バルブ関税巡り是正勧告(09/13)

AGC、韓国現法のガラス基板工場を撤去へ(09/13)

博多からミャンマーに描く夢 華味鳥、慈善活動30年経て進出(09/13)

テイクオフ:インドネシアの首都の移…(09/13)

日本製中古車流入が87%減 パキスタン、国産車保護を継続(09/13)

【アジア三面記事】夢をかなえた花嫁(09/13)

プラズマディスプレー向け工場閉鎖検討、AGC(09/13)

北越と理文造紙、30億ドル開発計画=地元紙(09/13)

サンミゲル、日系と共同出資の2社合併(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン