4Kテレビ6割超へ、23年の需要1億6千万台

【共同】電子情報技術産業協会(JEITA)は27日、2023年に全世界で4K対応テレビの需要が、1億6,452万台になる見通しだと発表した。購入される薄型テレビ全体のうち62.6%が4K対応となる。低価格化が進むことで先進国だけでなく新興国でも大幅な増加が見込まれるという。1…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位(13:08)

ルノーが日産に経営統合再提案、ゴーン後体制初(04/24)

三菱自がパジェロ国内販売終了へ、販売振るわず(04/24)

倉庫面積が22%増と急拡大 GST追い風、22年には2倍に(04/24)

【この人に聞く】建築設計事務所ブリコルール 内資法人としてインドネシア進出(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

ポケモン、27日から地上波で放映(04/24)

白物家電22年ぶり高水準、18年度出荷2.5兆円(04/24)

三栄建築設計のオフィスビル、3Qに開業へ(04/24)

豊田通商、ラッピング広告フレアと業務提携(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン