フリーポートの銅精鉱生産量、今年は大幅減

鉱山大手フリーポート・インドネシア(PTFI)の銅精鉱の生産量は、今年は120万トンの見通しで、昨年の210万トンから大幅に減少しそうだ。 テンポ(電子版)やロイター通信によると、PTFIのトニー・ウェナス社長は、世界2位の銅産出量を誇るグラスバーグ鉱山が採掘方法を…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府が地方自治体の首長…(11/19)

中国スマホのシェアが7割超 IDC調べ、サムスン3位転落(11/19)

ECショッピーの受注件数、3Qは倍増(11/19)

テルコムセル、医療相談アプリと協力事業(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

電動二輪車メーカー、今年の生産台数67%増(11/19)

韓国生産性本部、インドネシアに海外初拠点(11/19)

ガルーダ、A320―900ネオ1号機が到着(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

パティンバン港、国営子会社が運営に意欲(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン